HANAE Pインク新発売


■広がる可能性! HANAE Pインク(顔料捺染、レジンインク)■  以前、顔料捺染インク(レジンインク)発売のご案内をさせていただきました。今回はこのインクの可能性についてです。

1.発色
先ず、当社での布印刷での確認です。鮮やかな発色をしています。カツラギ、9A、天竺などの綿素材でテストしました。看板業界のバナーにも使用できるレベルと思います。当社の転写紙コーティング面に印刷すれば、非常にきれいです。コーティングの無い裏面にもにじまず美しい発色をします。

 ポイントはRIPとインク色構成です。HANAE Pインクは、基本4色+GY/Red/B/Gの合計8色あります。基本4色だけでなく、6色や7色構成で印刷する方が色領域が広がります。当社の販売するPosterPrint RIPを使用すれば、最適な条件での出力が可能になります。

2.幅広い出力対象物
 天然繊維への印刷を想定して開発されたインクですが、紙や不織布のように樹脂が絡みつく構造を持つ素材にも最適なインクです。これらの素材にも、インク受理層コーティング無しで強固に密着します。布素材と異なり、これら素材へ印刷したインクは熱処理無しで耐水性にもなります。又、受理層コーティング無しにも関わらず、発色も鮮やかな発色になります。普通紙、和紙、不織布、不燃紙,不燃壁紙など、応用が期待されます。

インク受理層コーティング無しの通常の皮革にも直接印刷できます。皮革には、既に反応性染料で直接印刷しているところもありますが、複雑な前後処理が必要でした。昇華インクでの転写も試みられましたが、インクを定着できません。溶剤顔料インクの転写もありますが、素材に異物(コーティング膜)が付くことは変わりません。HANAE Pはインクだけが付き、画像以外の部分には何も付着しません。

 もちろん、通常の受理層コーティングされた素材にもきれいな印刷が可能です。水のりを付けて施工するインクジェット用紙、版画用画用紙など、貴社でオリジナル素材を発見してください。

3.使用プリンタ
 プリンタは、Roland、武藤工業などの発売するピエゾタイププリンタを使用します。レジンインクという名の通り、インク中に樹脂分を含みますので、通常の水性インクよりは気配りが必要です。具体的には、何日かの休日をはさんだ場合はもちろん、作業を開始する日の朝はクリーニングを行ってください。

 2005年9月までに完了予定ですが、EPSONプリンタを用いた当社オリジナルのフラットベッドプリンタを開発中です。完成すれば、HANAE Pインクを用いた綿Tシャツへの直接印刷が可能になります。


*. 戻る
0. TOPへ