デスク用ディスプレイ発売


 グラフィック用ディスプレイ商品を販売する(株)サンリュウ(埼玉県川口市安行原90-3、社長・飛田常司、TEL048-294-7396)は、 5月からオランダ製デスクマットを輸入・発売する。

 同社はこれまでフロアデコの輸入元として、グラフィックを差し替えできるフロアマットを販売してきた。新商品「デスクデコ」は、テーブルの上に置くデスクマット。フロアマット同様にグラフィックを差し替えできる。違いは、フロアマットが透明シート部とスベリ止め加工を施したゴム基材部が分離されていて耐水性が無かったのに対して、これらを一体化して水をこぼしてもグラフィックが濡れないようにした構造。

 一方一般市場でのデスクマットは、透明ビニールカバー付きタイプがこれまでの主流だった。しかしこの種のマットは価格が安いが、ビニールカバーを使用するため柔らかく傷つき易い、コピー文字などがビニールに転移して汚れるなどの問題があった。環境保全の面からもビニールマットが敬遠されるので、最近はオレフィンタイプのマットも出てきている。コピー文字の転移を非転写処理を施して防ぐ商品もある。ただし、柔らかく傷つき易い欠点は残り、上からカバーをかけるだけなので横から侵入する水を防ぐことはできない。これらの理由で、一般デスクマット用途は事務用などに限定されていた。

 「デスクデコ」は柔らかだが、素材として耐久性のあるPPを採用している。PPはリサイクル性の優れた環境保全に適した素材。インクやコピー文字の転移は無い。新構造の採用は、水のかかるような場所でも問題なく使えるように用途を広げた。既にアメリカ食品医薬品局の規制をパスしており、食品が触れる飲食店にもお薦めな商品。ゴム基材部の色も従来のグレーだけでなく、レッド・ブルー・イエロー等のものも準備。多様な設置場所にもマッチングできるようにした。中に入る画像サイズはA4・A3の2種類を用意している。

販売は、5枚/セット単位。初年度販売枚数は合計で8万枚、売上は1億5千万円を予想している。


*. 戻る
0. TOPへ